岩速報 -The Rocks News-

国内・海外の音楽ニュース、ネタのまとめサイト。


    1: 禿の月φ ★ 2013/06/25(火) 08:34:40.61 ID:???P
    宮崎駿監督(72)の5年ぶりとなる最新作「風立ちぬ」(7月20日公開)の完成報告会見が24日、
    東京・小金井市のスタジオジブリで行われ、宮崎監督と主人公・二郎の声を担当した
    映画監督の庵野秀明氏(53)、主題歌「ひこうき雲」を歌う松任谷由実(59)が出席した。

    会見で宮崎監督は先日、行われたスタッフ、関係者向けの試写で、上映後、初めて自分の
    作品を見て涙を流したことを告白。「作って良かったと思った作品。それに尽きます」と力を込めた。

    ユーミンが73年11月20日に「荒井由実」名義で発売した
    ファーストアルバム「ひこうき雲」が、スタジオジブリとのコラボによる
    40周年記念盤「ひこうき雲/荒井由実」として発売されることになった。

    完全限定生産で、LP+CD+DVD(8月14日発売、税込み1万500円)と
    CD+DVD(7月31日、同6980円)の2種類。同アルバムをデジタルリマスタリング。
    「宮崎駿がユーミンに贈った18枚の絵」と題し、劇中カットで構成したLPサイズの絵本、
    「ひこうき雲」のミュージッククリップを収録している。

    ユーミンは主題歌起用について「『荒井由実』は分身のようでもあり、
    遠い人物でもある。(40年前、曲を作った)高校生の時の私に
    教えてあげたい」と喜んでいた。

    ソース:スポーツ報知
    http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130625-OHT1T00036.htm
    画像:完成報告会見に出席した(左から)庵野秀明、宮崎駿監督、松任谷由実
    no title

    関連ニュース
    【映画】宮崎駿監督が「自分の映画で初めて泣いた」ことにユーミンと庵野秀明もびっくり!/7月20日公開の映画『風立ちぬ』完成報告会見
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372053527/


    【【音楽】ユーミンこと松任谷由実がスタジオジブリとのコラボによる40周年記念盤「ひこうき雲/荒井由実」をリリース】の続きを読む


    1: 禿の月φ ★ 2013/06/21(金) 16:49:24.23 ID:???P
    19日放送の日本テレビ系バラエティ「1番ソングSHOW」で、ガールズバンドWhiteberry
    (ホワイトベリー)の元ボーカル・前田由紀が、バンド解散の理由やメンバーの現在を明かした。

    Whiteberryは1994年に北海道の女子小学生5人で結成されたバンド。
    日本テレビ系バラエティ「1億3000万人の投稿! 特ホウ王国2」で
    小学生ガールズバンドとして紹介されたことで注目を浴び、
    1999年にはメジャーデビューを果たした。 

    その後、バンドは2000年に発売したJITTERIN'JINNのカバー曲
    「夏祭り」がオリコンシングルチャート最高位3位を記録。60万枚以上を
    売り上げたうえ、同年のNHK「第51回紅白歌合戦」にも出場するなど大ブレイク。
    しかし、2004年に突如解散を発表。その理由については、あまり多く語られてこなかった。

    「1番ソングSHOW」に登場した前田は現在27歳。都内のタイ料理屋で週3回働き、
    水道メーター検針のアルバイトも週4、5回こなしながら生計をたてているという。
    VTRには前田の自宅も登場、家賃月5万3,000円のワンルームでの質素な生活が紹介された。
    一方で音楽活動も継続しており、ソロでの弾き語りやバンドの一員として、ライブハウスを中心に
    活躍しているようだ。(>>2以降に続きます)

    ソース:livedoor ニュース/トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/7787849/
    カーテンお気に入りー!|前田由紀のブログ
    http://ameblo.jp/yukki2011/entry-11556248176.html


    【【芸能】Whiteberryの元ボーカル・前田由紀が明かす、バンド解散の理由とメンバーの現在】の続きを読む

    1: ぽにょφ ★ 2013/06/06(木) 18:29:02.97 ID:???0 BE:119503627-PLT(12001)
    ドキュメンタリー作品をリリースしたイーグルス、来日ツアーの可能性も!?

    アメリカが誇る偉大なロック・バンド、イーグルスが、初のドキュメンタリー
    『駆け足の人生~ヒストリー・オブ・イーグルス』を6月5日(水)に発売した。
    同作品のプレミア上映をロンドンで先月開催した彼らは世界中で大きな話題を集めており、
    その健在ぶりやドキュメンタリー作品への注目度の高さを窺わせている。

    結成から40年以上を迎えてなお精力的に活動を続けている彼らは、
    2011年に7年ぶりの来日を果たした際にも、東京・大阪・名古屋のドームをファンで埋め尽くし熱狂させた。
    そんな彼らが「また絶対に行きたい」と語る日本への愛情を、特別インタビューの中で語っているので紹介しよう。
    ロンドンの記者会見が行われた4月25日に、メンバーのグレン・フライとジョー・ウォルシュが語ってくれたものだ。

    -何度も来日していますが、日本の想い出を聞かせてください。
    グレン・フライ「若い女性ファンが多くて、皆がプレゼントをくれたのを覚えている。
    人生一度たりとも、あんなにプレゼントをもらったことはなかったね。
    その点が他の国と全然違っていて新鮮だった。僕ら、こんなにプレゼントもらっていいのかな。
    何もしてないのに……ってすまなく思ったよ。とても親切にしてもらったし、誰もがすごく礼儀正しく敬意を払ってくれた」

    ジョー・ウォルシュ「プロモーターにはとても良くしてもらい、滞在はとても心地良かった。
    素晴らしい来日体験だった。観客の反応も最高で、日本はまったくこれまでに言った事が叶ったような世界だった。
    大冒険だったよ。初来日は。完全に圧倒されたね。それまでの自分の世界観が変わるような体験だったよ」

    公式サイト
    http://www.eaglesband.com/

    http://nmn.nifty.com/cs/catalog/nmn_topics/catalog_130606095517_1.htm


    【【音楽】 イーグルス「日本は若い女性ファンも多く、他の国と全然違い新鮮、礼儀正しく、観客の反応も最高、息子も日本語を学び始めた」】の続きを読む

    このページのトップヘ